株式会社ソニー・ミュージックエンターテインメント
THE DYSTOPIA EXPERIENCE
THE DYSTOPIA EXPERIENCE
武道館ライブ専用の
体験型コンテンツアプリ。
ユーザーのスマートフォンが
ライブ演出の一部になる。
初の日本武道館公演に向け、専用アプリを通じて書き下ろし小説や「リビングデッド」のMV公開を含む体験型のコンテンツを展開してきたamazarashi。一連のプロジェクト「新言語秩序」の終着地点となる『朗読演奏実験空間“新言語秩序”』を、11月16日に開催。
今回のアプリは、amazarashi の日本武道館ライブを盛り上げる専用アプリとして開発しました。
ファンサイトを通じてライブ参加者には、事前にアプリをインストールするよう依頼。「新言語秩序」というストーリーに合わせ、武道館ライブを終着点としたコンテンツを順次公開し、武道館ライブを最終着地点としたライブの体験ツールとして企画しました。
ライブ会場では、特定の周波数の音を流し、その音をトリガーとしてゲストのスマートフォンのフラッシュをコントロールする仕組みを取り入れ、そのトリガー音自体も、ライブ演出の一部となるよう構成し「朗読演奏実験空間」を実現しました。 アプリに自席番号を予め登録してもらうことで会場全体のフラッシュタイミングをコントロールし、ゲストのスマートフォンによる巨大な光りのインスタレーションを作りあげました。

フューチュレックはデジタルの力を活用した
新たなコミュニケーションを創出しています。

次のプロジェクト
時空を飛び越えてシンクする。過去のライブ映像を自由に行き来できる新体感ライブ視聴体験。
MultiLive